一般社団法人ビサイドあおば

死後事務委任契約

ご逝去後、ご家族に代わって実行します。

以下の事務を当社に委任する契約書を公正証書で作成します。

葬儀納骨
葬儀場・葬儀内容・供養・法要・納骨などのご要望をお伺いした上で、葬儀社や寺院・霊園等との打ち合わせをセッティング・同席します。ご利用者様の生前の意思を尊重し、葬儀・火葬・供養・納骨までの立ち合いも承ります。
事務手続
まず現在ご契約している「ものごと」(生命保険・クレジットカード等)の聞き取り、ご逝去後の連絡先の把握などを行います。ご逝去後、行政手続き・年金の手続きなど、50~60項目の手続きを代行するほか、賃貸借契約・ライフライン(電気・ガス・水道・電話等)の解約・精算、友人知人へのご逝去の連絡も行います。
遺品整理
形見分けや寄付に関するご要望、個人を特定できる写真・日記・手紙の処分方法を事前にお伺いいたします。片づけ業者の選定から、ご逝去後の形見分け、寄付するものを除いたお品物の処分までを承ります。

※委任契約の締結に関する報酬は、委任のお申し込みと同時にお支払いいただきます。
※預託金は公正証書契約時にお預かりします。


>利用料金

当社の特徴

死後事務委任契約単独でもお引き受けします
多くの事業者の場合、死後事務委任契約とセットで「遺言書作成」「身元保証」「任意後見契約」を結ぶよう求められます。
当社は死後事務委任契約単独でもお引き受けします。
死後事務委任契約後、これら契約を結ぶ必要が差し迫ってから契約することも可能です。


身元引受人をお引き受けします
死後事務委任契約を締結後、保証人事務手数料(税込22,000円)をお支払いいただくことで入院・入所時に施設側から求められる「身元引受人」を当社がお引き受けします。(債務保証のお引き受けは、別途「連帯保証委託契約」を結んでいただく必要があります)

あなたの支援者が死後事務の実行を見届けます
死後事務委任契約には契約通りに事務が実行されたかを確認する仕組みが無いため、受任者が事務を確実に実行したことを見届ける人を確保することが望ましいです。

当社の場合は死後事務も支援者(ケアチーム・地域包括支援センター・民生委員・近所の方など)と情報を共有しながらすすめるので、自ずと支援者が事務の実行を見届けることになります。

お問合わせ

一般社団法人 ビサイドあおば
〒227-0038
横浜市青葉区奈良1-21-15
TEL FAX 045-482-5207
お問合わせはこちらから
PAGE TOP