一般社団法人ビサイドあおば

利用イメージ

見守り定期訪問(毎週30分)

マンション住まいのAさん(85歳・女性・独居・要介護3)宅を訪問する時は、以下の5項目を必ず行っている。
健康状態や困りごとの聞き取り 生活状況の確認 郵便物や請求書類の確認
ヘルパーの訪問記録の確認 お薬カレンダー交換と服薬状況の確認

訪問日によって異なる支援をしている。
(1週目)
薬剤師に4週間分の飲み薬をセットしたお薬カレンダーをAさん宅に届けてもらう。服薬の様子や今月の訪問診療の日程などを薬剤師に伝え、薬代の支払い手続きを支援する。
点眼薬が残りわずかなので、帰社後に訪問診療の医師(クリニック)にそのことを報告する。
(2週目)
介護用品販売会社にシャワーチェアをAさん宅に届けてもらう。購入手続きと代金の支払いを支援する。帰社後にケアマネジャーにシャワーチェアの購入手続きが完了した旨の連絡をし、Aさんの近況も報告する。
(3週目)・・・30分の時間延長
1か月分の生活費(5万円)をAさんに渡す。通帳の写しを見せながら、年金・公共料金・医療介護サービス利用料などの入出金状況や口座残高を伝える。
NHK受信料の支払いと雑誌の購入を頼まれたので、近くのコンビニエンスストアに行く。
洗面所の蛍光灯が点滅していたので、管球を交換する。
(4週目)
古新聞をひもで縛り、マンション敷地内の古紙集積所に持って行く。
ファックスのインクフィルムが無くなったので、新しいフィルムと交換する。
介護保険サービス利用に関するアンケートへの記入を代筆する。
訪問後に調剤薬局へ空のお薬カレンダーを届け、翌週Aさん宅に届けてもらう薬を確認をする。

単発利用(病院への付き添い)

持病の定期検査を受けるため、当方が手配したタクシーに乗って病院へ向かう。
病院に到着後受付手続きを済ませ、待合室で会話をしながら順番を待つ。名前を呼ばれるとAさんと一緒に(本人と医師の許可を事前に得たうえで)診察室に入り、問診や病状の説明などに立ち会う。処方される薬の説明を受けて支払いを済ませる。
薬局に立ち寄り薬を購入し、タクシーで帰宅する。

【医師・薬剤師からのコメント】
普段の様子や症状などの情報を本人以外からも聞けて参考になる。
重要事項を説明する時に同席者がいると心強い。

単発利用(墓じまいの手伝い)

お墓の承継者がいないAさんから「墓じまいをしたい」と相談を受ける。10年前に足を悪くしてから墓参りに行けず、そのことを申し訳なく感じていた。
まずは当方がお墓の状態確認を兼ねて菩提寺を訪問し、住職に墓じまいの相談をする。離壇手続きや墓石撤去などの説明を一通り受け、敷地内にある永代供養墓へ両親の遺骨を移す提案を受ける。永代供養墓を見学後、Aさんの墓を掃除してその日は帰社した。
定期訪問の時に、お墓の状態や墓じまいの手続きを説明した。永代供養墓のカタログを見せながら仕組みや費用を伝えたところ、「両親の遺骨を移し、自分の骨もそこに納めて欲しい」と依頼を受けた。
住職にAさんの意思を伝え、墓じまいの手続きを開始する。当初は墓じまい(閉眼供養)を当社のみで行う予定だったが、準備が整った頃に「私も行きたい」と申し出があった。
当日はタクシーに車椅子を積んで菩提寺に向かう。本堂が新しく立派になっていたことにAさんは驚き、住職との再会も喜んだ。墓前で長期間お墓を放置していたことを両親に詫びていた。ご自身もいずれ入る永代供養墓を見ながら「胸のつかえが取れた」とつぶやいた。

【菩提寺住職からのコメント】
Aさんの埋葬や墓じまいについて話し合いたかったので、調整役がいて助かった。
【イメージ】松岳院(横浜市青葉区)永代供養塔

お問合わせ

一般社団法人 ビサイドあおば
〒227-0038
横浜市青葉区奈良1-21-15
TEL FAX 045-482-5207
お問合わせはこちらから
PAGE TOP